広島「てつのくじら館」入館者500万人達成 実物の潜水艦展示

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」の500万人目の入館者となった茅野優人さん(右)と海自呉地方総監の伊藤弘海将(左)=広島県呉市で2022年12月3日午後2時14分、岩本一希撮影
海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」の500万人目の入館者となった茅野優人さん(右)と海自呉地方総監の伊藤弘海将(左)=広島県呉市で2022年12月3日午後2時14分、岩本一希撮影

 実物の潜水艦を展示している広島県呉市の海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」の入館者数が3日、2007年の開館以来、計500万人を達成した。

 海自の潜水艦部隊や掃海部隊の活動内容などを展示する同館で、500万人目の入館者になったのは東京都大田区から母(43)や弟(11)と旅行に来た中学2年、茅野優人さん(13)…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

ニュース特集