ホッキョクグマ「ピース」23歳に 人工哺育で国内最長寿 愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
氷の特製ケーキを前に満足そうな表情のホッキョクグマのピース=愛媛県砥部町の県立とべ動物園で2022年12月3日午後2時26分、斉藤朋恵撮影
氷の特製ケーキを前に満足そうな表情のホッキョクグマのピース=愛媛県砥部町の県立とべ動物園で2022年12月3日午後2時26分、斉藤朋恵撮影

 国内で初めて人工哺育に成功し、その後の生存記録を更新し続けるホッキョクグマの雌「ピース」の23歳を祝う誕生会が3日、愛媛県立とべ動物園(同県砥部町)であった。県内外から約200人のファンが訪れ、盛大に祝った。

 この日のために河原外語観光・製菓専門学校(松山市)の学生らが作った氷の特製ケーキは幅約60センチ、高さ約70センチ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

ニュース特集