特集

旦過市場火災

旦過市場で2022年4月19日に42店舗を焼く火災が発生、8月10日にも再び大火に。「北九州の台所」のこれからは。

特集一覧

旦過市場復興へ 火災跡地に広場設置、被災店舗営業再開 北九州

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
買い物客などでにぎわう火災の跡地にオープンした「タンガレンガ広場」=北九州市小倉北区で2022年12月3日午前10時16分、平川義之撮影
買い物客などでにぎわう火災の跡地にオープンした「タンガレンガ広場」=北九州市小倉北区で2022年12月3日午前10時16分、平川義之撮影

 2022年4月と8月、2度にわたって大規模火災に見舞われた北九州市小倉北区の旦過(たんが)市場一帯の跡地に3日、にぎわいスペース「タンガレンガ広場」がオープンした。青果店など被災4店舗が入り、書き入れ時の歳末へ向けてにぎわいがまた一つ、戻ってきた。

 4月の火災で42店舗延べ約1900平方メートルが焼損。がれきの撤去完了を間近に控えた8月にも再び火災が起こり、45店舗延べ約3300平方メートルが焼けた。がれきの総量は2度の火災で計約5000トン…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集