特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

母国との対戦は観客席 ポルトガル出身の韓国監督の巡り合わせ W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【韓国-ポルトガル】スタンドから試合を見つめる韓国のパウロ・ベント監督(中央)=カタール・アルラヤンのエデュケーション・シティー競技場で2022年12月2日、宮武祐希撮影
【韓国-ポルトガル】スタンドから試合を見つめる韓国のパウロ・ベント監督(中央)=カタール・アルラヤンのエデュケーション・シティー競技場で2022年12月2日、宮武祐希撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグH組は2日(日本時間3日)、韓国がポルトガルに2―1で勝ち、同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。

 望んでいた母国との対戦は、観客席での「観戦」になった。ポルトガル出身の韓国のベント監督は第2戦のガーナ戦で終了直後に主審に猛抗議し、レッドカードを出されて退席処分となった。1次リーグ突破を懸けた一戦の指揮を許されなかった。

 「選手たちと一緒にいられるのはスタジアムに到着するまで。ただ、長い間一緒に仕事をしてきたし、ビジョンを共有できている」

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文807文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集