特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

ブラジル、1位通過も1次リーグ無敗記録ストップ サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試合直後のブラジルとカメルーンの選手ら=ロイター
試合直後のブラジルとカメルーンの選手ら=ロイター

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグG組は2日(日本時間3日)、既に決勝トーナメント進出を決めているブラジルはカメルーンに0―1で敗れた。2勝1敗、勝ち点6で同組1位で決勝トーナメントに進んだ。

 ブラジルの「不敗神話」がついに止まった。試合終了間際の失点で、2002年日韓大会の初戦から続く1次リーグ無敗の大会記録は17でストップ。得失点差で1位通過こそ決めたが、39歳のアウベスは「弱い相手はいないという教訓になった。W杯は本当に気が抜けない」と表情がさえなかった。

 既に決勝トーナメント進出を決めており、余裕たっぷりで臨んだ。第2戦のスイス戦からDFミリタン、MFフレジ以外の先発メンバー9人を入れ替え、前半からカメルーンを圧倒した。左サイドのマルチネリらが再三、ゴールを脅かし、放ったシュートは計21本。だが、相手GKの好セーブもあって無得点のまま時間が過ぎた。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文626文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集