特集

第102回全国高校ラグビー

第102回全国高校ラグビー大会(2022年12月27日~2023年1月7日)の特集サイトです。

特集一覧

報徳学園、東福岡が軸に 逸材多い世代が花園集結 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試合終了間際に逆転トライを決めたWTB海老沢琥珀選手(背番号11)を迎える報徳学園フィフティーン=神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で2022年11月12日午後2時15分、長宗拓弥撮影
試合終了間際に逆転トライを決めたWTB海老沢琥珀選手(背番号11)を迎える報徳学園フィフティーン=神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で2022年11月12日午後2時15分、長宗拓弥撮影

 第102回全国高校ラグビー大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、3回戦までの対戦カードが決まった。

 下級生時から注目された逸材も多い世代が集大成の花園へ挑む。優勝旗「飛球の旗」を掲げるのはどのチームか――。大会の見どころを探る。

 ともに高校日本代表候補8人を擁する報徳学園(兵庫)と東福岡が優勝争いの中心になりそうだ。

 初の王者を狙う報徳学園は…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1022文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集