特集

日本ハム

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの特集サイトです。

特集一覧

ドラフト会議で「誰?」 山口アタル、異例の自薦で日ハムと育成契約

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入団記者会見の記念撮影で笑顔を見せる山口アタル選手(右)=札幌市豊平区で2022年11月26日午後4時47分、谷口拓未撮影
入団記者会見の記念撮影で笑顔を見せる山口アタル選手(右)=札幌市豊平区で2022年11月26日午後4時47分、谷口拓未撮影

 カナダの出身、米コルビーコミュニティーカレッジを卒業……。今秋のプロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議でプロ野球ファンは「一体、誰だ?」と口をそろえただろう。北海道日本ハムファイターズが育成3位で指名した「隠し球」、山口アタル外野手(23)だ。育成契約をつかんだきっかけは「自薦」のメールと異例。元々、積極的に自己主張しなかった性格を変えたのは、家族の一押しだった。【谷口拓未】

 米大リーグ球団からマークされることがなく、無名の存在だった山口選手。日本での居住やプロ球界との接点はなかったものの、日本出身の父親の影響で憧れていた日本球界入りを目指すことにした。2022年7~8月にプロ野球全12球団のメールアドレス宛てに、片っ端から自身を売り込む文章とPR動画を送り、日本ハムから返信があった。

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1891文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集