特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

敗退ウルグアイ、一時代の終わり スアレス、カバニが無得点 W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ガーナ-ウルグアイ】前半、ファウルを受けて厳しい表情を見せるウルグアイのスアレス=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月2日、藤井達也撮影
【ガーナ-ウルグアイ】前半、ファウルを受けて厳しい表情を見せるウルグアイのスアレス=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月2日、藤井達也撮影

 2010年W杯で40年ぶりのベスト4入りを果たし、古豪復活を印象づけたウルグアイ。当時の主力が軒並み30代中盤になって迎えた今大会は、1次リーグ最終戦でガーナに2―0で勝ったものの総得点の差に泣いて敗退した。長年代表の屋台骨を支えてきた35歳のスアレスとカバニの両エースはともに無得点に終わり、一時代の終わりを感じさせる結末となった。

 ポルトガルとの第2戦ではともに好機で決められなかった。ガーナ戦でスアレスは2得点に絡んだが、運動量が落ちた後半にカバニと交代。追加点を託されたカバニはシュートを放てなかった。他にも守備の要のゴディンは36歳と、年を重ねて今回の躍進を期していた選手は少なくなかった。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文484文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集