高市未来、橋本壮市らが優勝 柔道グランドスラム・東京大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子90キロ級決勝、エドゥアルド・トリッペル(上)から一本を奪う増山香補=東京体育館で2022年12月3日、北山夏帆撮影
男子90キロ級決勝、エドゥアルド・トリッペル(上)から一本を奪う増山香補=東京体育館で2022年12月3日、北山夏帆撮影

 柔道のグランドスラム東京大会第1日は3日、東京体育館で男女計6階級が行われ、女子63キロ級は東京オリンピック代表の高市未来(旧姓・田代=コマツ)が5試合を勝ち抜いて優勝した。決勝は渡辺聖子(警視庁)に指導3の反則勝ち。世界選手権覇者の堀川恵(パーク24)は準決勝で渡辺に敗れ、3位だった。

 男子で73キロ級は世界選手権2位の橋本壮市(パー…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

あわせて読みたい

ニュース特集