後半王者の底力、4トライで突き放す 関西大学ラグビー 京産大連覇

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【京産大-近大】優勝を決め喜ぶ京産大の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2022年12月3日、久保玲撮影
【京産大-近大】優勝を決め喜ぶ京産大の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2022年12月3日、久保玲撮影

 ラグビーの関西大学Aリーグ(1部)は3日、東大阪市花園ラグビー場で最終節が行われ、京産大は近大を39―18で降し、2年連続6回目の優勝を果たした。

 ノーサイドの笛が響くと、選手たちは肩を抱き合いながら充実した表情を見せた。京産大が7戦全勝で2年連続の優勝を果たした。

 優勝争いをしていた天理大が直前の試合で同大に敗れたため、試合開始前から優勝は決まっていた。それでも福西隼杜(はやと)共同主将は「自分たちのやることは変わらない。勝ってこれからにつながる試合を…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

あわせて読みたい

ニュース特集