特集

第102回全国高校ラグビー

第102回全国高校ラグビー大会(2022年12月27日~2023年1月7日)の特集サイトです。

特集一覧

初出場の立命館慶祥、目標2勝「思いきって」 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【立命館慶祥-札幌山の手】後半、相手を引きずりながら突進する立命館慶祥の三浦(手前)=北海道旭川市の東光スポーツ公園球技場で2022年9月24日、貝塚太一撮影
【立命館慶祥-札幌山の手】後半、相手を引きずりながら突進する立命館慶祥の三浦(手前)=北海道旭川市の東光スポーツ公園球技場で2022年9月24日、貝塚太一撮影

 第102回全国高校ラグビー大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、3回戦までの対戦カードが決まった。

 出場51校の中で唯一の初出場は立命館慶祥。南北海道予選の決勝では強豪の札幌山の手を破り、頂点に立った。「花園2勝」を目標に掲げる。実力校がそろう鹿児島県予選を勝ち抜いた加治木工は実に44大会ぶりの全国大会。

 25大会ぶりの勿来工(福島)は、県予選決勝は不戦勝で花園の切符をつかんだ。倉吉東(鳥取)も相手チームの棄権により県予選で一試合も戦わず、5大会ぶりに本大会へ駒を進める異例の展開をたどった。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文863文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集