特集

第102回全国高校ラグビー

第102回全国高校ラグビー大会(2022年12月27日~2023年1月7日)の特集サイトです。

特集一覧

東海大大阪仰星と国学院栃木が同一ブロック 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【報徳学園-関西学院】兵庫県予選で逆転トライを決めて喜ぶ報徳学園フィフティーン=神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で2022年11月12日、長宗拓弥撮影
【報徳学園-関西学院】兵庫県予選で逆転トライを決めて喜ぶ報徳学園フィフティーン=神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で2022年11月12日、長宗拓弥撮影

 第102回全国高校ラグビー大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、3回戦までの対戦カードが決まった。

 Aシードの報徳学園、東福岡を中心に有力校がしのぎを削る。報徳学園はテンポのいい展開から決定力のあるバックス陣につないで「高校3冠」を狙う。東福岡はFWの充実に加え、キックでの陣地獲得など多彩な選択肢がそろう。選抜大会決勝で不戦敗となった悔しさもバネにする。

 前回大会で優勝した東海大大阪仰星と、準優勝の国学院栃木が同ブロックに入った。攻守にバランスの取れた東海大大阪仰星は、モールからたたみかける攻撃で連覇をにらむ。国学院栃木は昨年度の主力選手が数多く残り、悲願の初優勝を目指す。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文891文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集