特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

宝塚ワールド

宝塚・月組「ELPIDIO」 鳳月杏、詩人と貴族の2役熱演

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 宝塚歌劇月組公演のミュージカル「ELPIDIO(エルピディイオ)」が3日、大阪市北区の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで開幕した。20世紀初頭のスペインを舞台に、男役スターの鳳月杏(ほうづき・あん)が、社会で虐げられる人々に光を照らす詩人と、高慢な貴族の2役を熱演。見る者が一歩踏み出す勇気をもらえそうな上質なエンターテインメントに仕上がった。11日まで。

 スペイン帝国が終わりを迎えたマドリード。酒場で働くロレンシオ(鳳月)は市井の人々の悲しみをすくいとる詩を新聞社に投稿し、仲間から慕われていたが、その素性はベールに包まれていた。ある日、何者かに襲われたロレンシオは、自分とそっくりのアルバレス侯爵(鳳月)の館で目を覚ます。ケガをした侯爵の身代わりを頼まれたロレンシオだったが、妻パトリシア(彩=いろどり=みちる)に見破られ--。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文610文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集