反ゼロコロナ 「人々の勇気が希望」天安門事件の王丹氏が講演

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 明治大で講演する中国民主化運動の元学生リーダー・王丹氏=4日午後、東京都千代田区
 明治大で講演する中国民主化運動の元学生リーダー・王丹氏=4日午後、東京都千代田区

 1989年の天安門事件で弾圧された民主化運動の当時の学生リーダー王丹氏が4日、東京都内で講演した。中国の「ゼロコロナ政策」や強権政治に対し白紙を掲げて抗議する運動が国内外で広がっていることについて「(中国の)普通の人々の勇気が中国の希望だ」とエールを送った。

 「今回の抗議活動は、89年と同じく学生ら若い世代が最前線にいる」と説明。その上で「弾圧を恐れず、『習近平下野せよ』と声を上げた姿勢は当時のわれわれよりも勇敢だ」とたたえた。

 王氏は、インターネットや交流サイト(SNS)を駆使した活動が今後の社会運動の代表例になるとも強調した。(共同)

あわせて読みたい

ニュース特集