中2自殺で第三者委が調査 週明け臨時保護者会で説明 群馬・館林

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
学校(写真はイメージ)=ゲッティ
学校(写真はイメージ)=ゲッティ

 群馬県館林市立中学2年の男子生徒(14)が6月に自殺し、同市教育委員会が第三者委員会を設置し、詳しい原因を調査していることが明らかになった。同市教委は第三者委の意向を踏まえ、週明けにも臨時保護者会を開いて経緯を説明する方針。2日の市議会全員協議会で報告された。

 市議会全員協議会での報告などによると、男子生徒は…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

ニュース特集