中国の宇宙ステーション「天宮」、東京から観察 3日の日没後

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東日本上空を通過する中国の宇宙ステーション「天宮」=東京都大田区で2022年12月3日午後5時10分、手塚耕一郎撮影(10センチ屈折望遠鏡で拡大撮影)
東日本上空を通過する中国の宇宙ステーション「天宮」=東京都大田区で2022年12月3日午後5時10分、手塚耕一郎撮影(10センチ屈折望遠鏡で拡大撮影)

 3日の日没後、東日本上空約400キロを飛行する中国の宇宙ステーション「天宮」が、東京都内から観察された。天宮はマイナス1等ほどの明るさで、夕焼けが残る西の空に現れ、北極星の近くを越えて東の空へ約3分ほどかけて飛行。直線では500キロ以上の距離だが、望遠鏡で拡大すると複数のモジュールがつながったような形も確認で…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

あわせて読みたい

ニュース特集