愛知・豊橋で鳥インフルの疑い 31万羽を飼育の養鶏場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 愛知県は4日、豊橋市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと発表した。遺伝子検査で陽性が確定すれば、飼育する約31万羽の採卵鶏を殺処分する。県によると、陽性を確認した場合、県内の養鶏場では11年ぶりとなる。

 県によると、4日午前9時10分ごろ、養鶏場から「通常よりも死ぬ鶏が増え…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

あわせて読みたい

ニュース特集