さくら保育園虐待 裾野市長「初動の遅さに大きな問題」と陳謝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
さくら保育園の元保育士の逮捕を受け、報道陣の取材に応じる村田悠・裾野市長=同市役所で2022年12月4日午後4時4分、深野麟之介撮影
さくら保育園の元保育士の逮捕を受け、報道陣の取材に応じる村田悠・裾野市長=同市役所で2022年12月4日午後4時4分、深野麟之介撮影

 静岡県裾野市の私立の認可保育園「さくら保育園」で保育士が園児の足をつかんで宙づりにするなどの虐待行為をくり返していた問題は4日、保育士として勤務していた3人が暴行容疑で県警に逮捕される刑事事件に発展した。発覚から市が記者会見を開くまでに約3カ月を要しており、報道陣の取材に応じた村田悠(はるかぜ)市長は「逮捕されたことは遺憾。市としての初動の遅さや組織のあり方に大きな問題があった」と陳謝した。

 この問題を巡っては、市こども未来課は通報を受けて8月に事態を把握。同保育園への聞き取りなども行っていたが、市が事実を公表したのは約3カ月後の11月30日だった。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文513文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集