特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

初の8強逃したオーストラリア 勇敢な攻撃でアルゼンチンを苦しめる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【アルゼンチン-オーストラリア】アルゼンチンに敗れて肩を落とすオーストラリアの選手たち=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年12月3日、宮武祐希撮影
【アルゼンチン-オーストラリア】アルゼンチンに敗れて肩を落とすオーストラリアの選手たち=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年12月3日、宮武祐希撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会は3日(日本時間4日)、決勝トーナメント1回戦でオーストラリアがアルゼンチンに1―2で敗れ、初の8強入りを逃した。

 2度目の挑戦でもベスト16の壁は越えられなかった。2006年ドイツ大会以来の決勝トーナメント進出を果たしたオーストラリアはアルゼンチンに惜敗。だが、劣勢でも勇敢に前に出る攻撃で、最後まで優勝候補を苦しめた。

 開始当初から相手にペースを握られた。0―1で迎えた後半12分にはGKライアンが2人がかりでボールを奪われて痛恨の失点。アルゼンチンサポーターの大歓声に揺れる完全アウェーの雰囲気にのみ込まれ、試合は決したかに見えた。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文577文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集