「1月3日の朝だけの男」秋山清仁が日本勢トップ 福岡国際マラソン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本選手1位の7位でフィニッシュする愛知製鋼の秋山清仁=平和台陸上競技場で2022年12月4日、平川義之撮影
日本選手1位の7位でフィニッシュする愛知製鋼の秋山清仁=平和台陸上競技場で2022年12月4日、平川義之撮影

 福岡国際マラソン2022は4日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、マル・テフェリ(イスラエル)が2時間6分43秒で優勝した。日本勢トップの7位には、2時間8分43秒で秋山清仁(愛知製鋼)が入った。

駅伝の失敗でマラソンも本気に

 「1月3日の朝だけの男」。箱根駅伝の山下りで名をはせ、自らを自虐的に語る秋山清仁(愛知製鋼)がマラソンで名前を残した。一般参加ながら日本選手トップで日本勢唯一の2時間8分台。2024年パリ・オリンピックの代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得し、「信じられない」と話した。

 無理をせずに自らのペースを貫いた。ペースメーカーが外れる30キロ手前で、1キロ3分ペースの先頭集団から後れをとった。「焦りもあったけど、無理やり追い付くよりも自分のタイムを意識した」と、力を使わずに2位集団の中でペースを維持することを選択した。前から落ちてくる選手を次々と拾い、40キロ手前で日本選手トップだった赤崎暁(九電工)に並んで抜き去った。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文757文字)

あわせて読みたい

ニュース特集