「縦の明治」本領発揮 チーム鼓舞する大型ロック 関東大学ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明大-早大】後半、攻め込む明大の武内(左から2人目)=東京・国立競技場で2022年12月4日、西夏生撮影
【明大-早大】後半、攻め込む明大の武内(左から2人目)=東京・国立競技場で2022年12月4日、西夏生撮影

 ラグビーの関東大学リーグ対抗戦最終日は4日、東京・国立競技場などで行われ、明大が早大との5勝1敗対決を35―21で制し、2位となった。

 東京オリンピックの7人制日本代表に選出された明大の主将、石田吉平(4年)をはじめ実力のあるバックスが多い中、大型FWが「縦の明治」にふさわしい存在感を示した。

 前半20分のマイボールスクラム。レフェリーのかけ声とともに明大が一気に押し込むと、スクラムが崩れた。スクラムを故意に崩す「コラプシング」の反則が相手に与えられると、明大のロック武内慎(4年)は「よっしゃ」とほえた。明大キックから再開すると、ラインアウトから展開してチームは3トライ目を決め、相手を突き放した。

 「声を出すことで自分が一番前向きになる」と武内は言う。前半終了間際には相手のパントキックを手を伸ばして防いだ。この日の5トライはいずれもバックスが奪ったが、FWがセットプレーなどで優位に立ったからこそ。その一人が武内だ。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文779文字)

あわせて読みたい

ニュース特集