トルコがシリア北部で地上侵攻を準備 クルド勢力を排除する狙い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
シリア国境付近で待機するトルコ軍の戦闘車両=トルコ南部カルカムシュで11月29日、ロイター
シリア国境付近で待機するトルコ軍の戦闘車両=トルコ南部カルカムシュで11月29日、ロイター

 トルコがシリア北部で地上侵攻の準備を進めており、緊張が高まっている。トルコには「テロ組織」とみなすシリアのクルド勢力を排除する狙いがあるが、地域の不安定化を嫌う米国とロシアは反対する。だが、ロシアによるウクライナ侵攻を巡ってトルコは「仲介役」を担っており、米露ともトルコに強い態度を示せない事情もある。

 「米国は我々(の立場)を理解すべきだ」。トルコのアカル国防相は1日、記者団に強調した。トルコは11月13日、最大都市イスタンブールで爆弾テロが起きると、非合法組織「クルド労働者党」(PKK)やシリアのクルド勢力がテロに関与したと主張。同20日以降、シリア北東部を支配するクルド勢力の拠点やインフラに対し、空爆を繰り返している。だが、クルド勢力をトルコ国境から遠ざけるためには地上軍を派遣し、クルド側…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1269文字)

あわせて読みたい

ニュース特集