カスピ海でアザラシ2500頭死ぬ 絶滅危惧種、原因は不明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カスピカイアザラシの子ども=1976年、タス共同
カスピカイアザラシの子ども=1976年、タス共同

 ロシア南部ダゲスタン共和国の当局は5日までに、カスピ海に生息するアザラシ約2500頭が死んだと明らかにした。ロシア通信などが伝えた。死骸に傷などはなく自然要因との見方が出ているが、当局は原因究明を急いでいる。

 大量死したカスピカイアザラシは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文247文字)

あわせて読みたい

ニュース特集