特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

露産原油制裁、悩ましい「高め」上限価格 高騰懸念、先立つG7

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア南部の黒海沿岸ノボロシースクに停泊するタンカー=10月、AP共同
ロシア南部の黒海沿岸ノボロシースクに停泊するタンカー=10月、AP共同

 主要7カ国(G7)と欧州連合(EU)、オーストラリアは5日、ロシア産原油の取引価格に上限を設ける対露追加制裁を発動した。EUは同日、ロシア産原油の輸入を事実上禁止する措置も発動。ロシアの財政を支える原油収入を減らすのが狙いだが、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの打撃となるのか。

市場価格は60ドル、脅威にある国…

この記事は有料記事です。

残り2110文字(全文2265文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集