「武蔵武士の鑑」畠山重忠ゆかりの地 8市町村が集結、PR合戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
PR合戦を前に、勢ぞろいして記念撮影をする深谷市や東松山市などの市長らとキャラクター=埼玉県深谷市黒田の深谷テラスパークで2022年12月3日、中山信撮影
PR合戦を前に、勢ぞろいして記念撮影をする深谷市や東松山市などの市長らとキャラクター=埼玉県深谷市黒田の深谷テラスパークで2022年12月3日、中山信撮影

 平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した武将・畠山重忠(1164~1205年)にゆかりをもつ県内外の市町村によるイベント「畠山重忠公ゆかりの地 大集合!」が3日、出身地である深谷市の深谷テラスパークで初めて開かれた。自治体の長らが重忠とのゆかりや地域の魅力を紹介するPR合戦などを行った。

 重忠は武蔵国男衾(おぶすま)郡畠山(現在の深谷市畠山)に生まれ、源平合…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集