軒下に塩引きサケずらり…昔ながらの街の情景再現 新潟・村上

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
民家の軒下に逆さづりされた塩引きサケ=新潟県村上市で2022年12月4日、内田帆ノ佳撮影
民家の軒下に逆さづりされた塩引きサケ=新潟県村上市で2022年12月4日、内田帆ノ佳撮影

 特産のサケで知られる新潟県村上市の冬の風物詩「越後村上鮭(さけ)塩引き街道」が1日から始まった。サケ文化を知ってもらおうと、市観光協会が2004年から続けている。今回は民家や商店など14軒が協力し、昔ながらの街の情景を再現。たくさんの塩引きサケが軒下につり下げられ、日本海からの寒風に吹かれている。

 同市では腹の一部を残して切り開く独特の処理法「止め腹」が用いられている。切腹を嫌う城下町の精神が受け継…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

ニュース特集