冬の使者、長旅の羽休め 越冬地にハクチョウ次々と飛来 青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ハクチョウの越冬地として知られる青森県藤崎町の平川に、今年も「冬の使者」が続々と飛来している。12月に入り雪が降り続ける中、川の中州周辺で長旅の疲れを癒やしている。

 白鳥観察施設「こーやまるくん」の管理人、天内茂さん(75)によると、10月中旬ごろから飛来し、現在は約250羽が集まっている。1月か…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集