NHK新会長に日銀元理事の稲葉延雄氏 経済界からの登用続く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
稲葉延雄氏=東京都千代田区で2010年12月9日、佐々木順一撮影
稲葉延雄氏=東京都千代田区で2010年12月9日、佐々木順一撮影

 NHK経営委員会(委員長=森下俊三・関西情報センター会長)は5日、来年1月24日に任期満了を迎える前田晃伸会長(77)の後任に、日銀元理事の稲葉延雄氏(72)を全会一致で選出した。任期は2023年1月25日から3年間。6代連続で外部からの起用になる。日銀出身者は初めて。前田会長が進めた改革を引き継ぐことになる。

 稲葉氏は静岡県出身。東大経済学部卒業後、1974年に日本銀行に入行。営業局証券課長、システム情報局長、考査局長などを経て04年5月に理事に就任した。08年に退任後はリコーに特別顧問として入社し、リコー経済社会研究所所長を経て、今年6月から同研究所参与を務めている。稲葉氏は「突然の指名で大変驚いているが、できるだけ早く実情を把握し、公共放送の使命にふさわしい仕事をしてまいりたい」とのコメントを出し…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文558文字)

あわせて読みたい

ニュース特集