「1年間のお礼」心を込めて クリスマスケーキ注文本格化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
クリスマスに向けてケーキ作りに追われる「メルキュールF」の水本武さん=熊本市東区月出1で2022年12月3日、吉川雄策撮影
クリスマスに向けてケーキ作りに追われる「メルキュールF」の水本武さん=熊本市東区月出1で2022年12月3日、吉川雄策撮影

 12月に入り、各地の洋菓子店ではクリスマスケーキの注文が本格化している。熊本市東区の「メルキュールF」でもピークの24日に合わせて4種類、約150個のケーキの準備を進めている。

 新型コロナ禍で家庭向けのケーキを楽しむ人が増えたが、感染状況が落ち着いたことで、パーティーなど大人数で楽しめる大きめのケーキを予約する人も戻りつつあるという。

 一方で物価高も進むが、店は工夫を凝らして価格を抑えており、定番のショートケーキ(4号・税込み3197円)などが人気。看板メニューの棒状シュークリーム「棒シュー」(税込み259円)や、11月に始めた洋食料理に見えるバニラムースのケーキ(同324円)とともに注文する人も多いという。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文469文字)

あわせて読みたい

ニュース特集