特集

先週のピックアップ

日曜朝刊「先週のピックアップ」で取り上げた記事をまとめています。

特集一覧

進さんを捜して

届いたのはサンゴの欠けらだけ 大叔父の手がかり求めDNA鑑定へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
軍服姿で写真に納まる新井進さん
軍服姿で写真に納まる新井進さん

 78年前、日本から約4700キロ離れたパプアニューギニアで、27歳の青年が死んだ。名前は新井進さん。私の祖母の弟(大叔父)だ。家族に届いたのは遺骨の代わりとなるサンゴの欠けらだけ。でも、DNA解析の技術が進んで、進さんを捜すことができるかもしれない。私は進さんの足跡をたどる旅に出た。【國枝すみれ】

 連載「進さんを捜して」第1部は全4回です。
 このほかのラインアップは次の通りです。
第2回 生還率6%の部隊
第3回 ウルワ河ってどこ?
第4回 戦地で起きた本当のこと

父の死に「ああ、しまった」

 厚生労働省には4月時点で1万1955柱の遺骨が身元不明のまま保管されている。進さんが死んだパプアニューギニアで収容された遺骨280柱も含まれている。

 2021年10月、厚労省は戦没者の遺族がDNA鑑定を要求できる地域を大幅に拡大した。だから、おいである父のDNAを提出して照合してもらおうと思った。でも、今年2月、父が死んだ。悲しみと同時に「ああ、しまった」と思った。

 厚労省に電話すると、「死者はDNAの検体提供者になれません」と言われる。そもそも焼骨してしまえば、細胞内のDNAは壊れてしまう。

 進さんは独身で直系の子孫がいない。兄弟姉妹はもちろん、おいやめいは全員が他界していた。唯一生き残っている父の姉(89)は異母姉妹なので、進さんとは血がつながっていない。

 万事休すだ。諦めきれず、出棺の前日、父の髪を切り取り、耳あかも綿棒で採取した。とりあえずDNAを保存しておこうと思ったのだ。我ながら未練がましい。

 ふと思った。父親から男の子に遺伝するY染色体DNAを共有する親戚はもういないが、母系でつながるミトコンドリアDNAならどうだろう、と。進さんと同じミトコンドリアDNAを持っている人間なら存命だ。進さんのめいの子どもたち、つまり私のいとこだ。

 とり…

この記事は有料記事です。

残り1952文字(全文2730文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集