袴田巌さん再審、年度内に判断 東京高裁で3者協議、審理終結

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 1966年に静岡県の一家4人が殺害された事件で死刑が確定し、2014年の静岡地裁の再審開始決定を受け釈放された袴田巌元被告(86)の差し戻し審の3者協議(非公開)が5日、東京高裁で開かれ、弁護団が最終弁論をして審理が終結した。死刑確定から約42年。高裁は本年度内に再審開始の可否を決定する見通しだ。協議前、袴田さんは大善文男裁判長と面会し「事件はない」「俺はもう無罪になっている」などと語ったという。

 弁護団によると、長期拘束による拘禁症状で意思疎通が難しい中、袴田さんは大善裁判長の問いかけに応じた。最終弁論の後、袴田さんの姉ひで子さん(89)は「巌は56年間も無実を訴えてきた。真の自由をお与えください」と意見陳述。その後の記者会見では「再審開始になると思っている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文819文字)

あわせて読みたい

ニュース特集