特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「最後のW杯」レバンドフスキ 4試合2得点も16強で敗退

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【フランス-ポーランド】フランスに敗れ、ピッチを後にするポーランドのレバンドフスキ=カタール・ドーハのアルスママ競技場で2022年12月4日、宮武祐希撮影
【フランス-ポーランド】フランスに敗れ、ピッチを後にするポーランドのレバンドフスキ=カタール・ドーハのアルスママ競技場で2022年12月4日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会決勝トーナメント1回戦は4日(日本時間5日)、ポーランドが1―3で前回覇者のフランスに敗れ、3位に入った1982年スペイン大会以来、40年ぶりの8強入りを逃した。

 「最後のW杯になるかもしれない」。開幕前にそう語って臨んだ世界屈指のストライカー、ポーランドのレバンドフスキの戦いに幕が下りた。

 フランス戦も先発した。相手がボールを保持する時間が長く、孤立する場面が目に付いた。高い位置からのプレスで好機の糸口を探ったが、ゴールは遠かった。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文603文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集