特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

田中碧は有言実行、友人が明かす12年前の優勝予想と熱量

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校時代の田中碧(左)と幼なじみの勝本航太さん=勝本さん提供
高校時代の田中碧(左)と幼なじみの勝本航太さん=勝本さん提供

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表の決勝トーナメント進出に貢献した田中碧選手(24)=デュッセルドルフ=は子どもの頃、W杯の優勝予想を的中させたことがある。2010年南アフリカ大会のスペイン初制覇だ。その強豪から1次リーグで決勝点を挙げる活躍に、幼なじみは田中選手の思いの強さと努力の足跡を改めてかみしめている。

 「どこが優勝すると思う」

 「絶対スペインだ」

 田中選手と川崎市内の小中学校で同級生だった会社員の勝本航太さん(24)は、12月1日(日本時間2日)の1次リーグ最終戦で田中選手がスペインから勝ち越しゴールを決めた姿を見て、小学6年生だった12年前にかわした会話を思い出した。

 「なんか、ちょっとすごいなあと。そんなレベルの国から碧のゴールで日本が勝ったというのが、すごいことを成し遂げたなと思った」と興奮気味に話した。

 勝本さんもサッカーに取り組んでいた。2人は同じチームでプレーしたことはなかったが、それぞれの所属クラブの練習がない時や放課後などに公園でサッカーをした。そんな時も田中選手は手を抜かずにプレーし、ゴールを決めれば本気で喜んでいたという。

 中学の時に「どっか遊びに…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文980文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集