NY株反落、482ドル安 FRBの金融引き締め強化を警戒で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 ニューヨーク・ウォール街にある標識(ロイター=共同)
 ニューヨーク・ウォール街にある標識(ロイター=共同)

 週明け5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末比482・78ドル安の3万3947・10ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めを強化することへの警戒感が強まり、売り注文が膨らんでほぼ全面安となった。

 米サプライ管理協会が発表した11月の非製造業景況調…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

ニュース特集