日銀・黒田総裁、金融政策の検証は「時期尚早」 賃金上昇伴わず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日銀の黒田東彦総裁は6日の衆院財務金融委員会で、大規模金融緩和や物価2%上昇目標を検証する考えがあるかどうかを問われ「金融政策の枠組みなどについて具体的に論じるのは時期尚早」と述べた。賃金の上昇を伴う形での目標実現には至っていないことを理由に挙げた。

 立憲民主党の道下大樹氏への答弁。大規模緩和を巡…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文234文字)

あわせて読みたい

ニュース特集