特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

プーチン氏、10月爆発のクリミア大橋走行 ウクライナに対抗姿勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
クリミア大橋を訪れたロシアのプーチン大統領(中央)=2022年12月5日、AP
クリミア大橋を訪れたロシアのプーチン大統領(中央)=2022年12月5日、AP

 ロシアのプーチン大統領は5日、2014年に一方的に併合したウクライナ南部クリミア半島とロシアを結ぶ「クリミア大橋」を自ら運転する車で通行した。ロシアによるクリミア支配の象徴とも言える橋だが、10月の爆発で一部が崩落し、修復が進められていた。クリミア半島の奪還を目指すウクライナに対抗する姿勢を、改めて国民にアピールする狙いがあるとみられる。

 ロイター通信などによると、プーチン氏がメルセデス・ベンツ車のハンドルを握り、橋を走行する場面をロシアの国営テレビが放送した。助手席にフスヌリン副首相を乗せ、橋の片側が「まだ少し傷んでいる」などと語ったという。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文447文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集