テラハ問題 木村花さんの母、フジテレビなど3社を提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フジテレビと制作会社計3社に損害賠償を求めて東京地裁に提訴後、記者会見する木村花さんの母響子さん=東京都千代田区の司法記者クラブで2022年12月6日午後1時6分、前田梨里子撮影
フジテレビと制作会社計3社に損害賠償を求めて東京地裁に提訴後、記者会見する木村花さんの母響子さん=東京都千代田区の司法記者クラブで2022年12月6日午後1時6分、前田梨里子撮影

 フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演したプロレスラーの木村花さん(当時22歳)が自殺したのは、番組側がSNS(ネット交流サービス)による誹謗(ひぼう)中傷対策など安全配慮義務を怠ったことが原因だとして、花さんの母響子さん(45)が6日、フジテレビと番組制作会社2社の計3社に計約1億4200万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状によると、テラスハウスは男女6人が共同生活を送る中での恋愛模様を描くリアリティー番組。花さんは2019年9月に出演を開始し、20年3月に男性出演者との間で生じたプロレス衣装を巡るトラブルの場面が動画配信サービス「ネットフリックス」で配信されると、「消えろ」「ゴミ女」などと花さんへの中傷がSNS上に殺到するようになった。花さんは同年5月23日、「愛されたかった人生でした」などとツイートし、自殺…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1119文字)

あわせて読みたい

ニュース特集