佐賀で5年ぶり鳥インフル確認 武雄の養鶏場で3万羽殺処分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
佐賀県武雄市
佐賀県武雄市

 佐賀県は6日、同県武雄市の養鶏場で見つかった高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例に関し、遺伝子検査で陽性を確認したと発表した。この養鶏場で飼育する採卵鶏約3万羽の殺処分を始めた。県内で鳥インフルエンザの確認は約5年ぶり。

 県は、発生場所から3キロ以内にある養鶏場からの家きんや卵の移動を制限したほ…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

あわせて読みたい

ニュース特集