「黒アヒージョ」をご当地グルメに 千葉県が“インスタ映え”でPR

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
しょうゆの風味を生かした「黒アヒージョ」をPRする千葉県の熊谷俊人知事=千葉市中央区の県庁で2022年11月24日午前10時38分、石川勝義撮影
しょうゆの風味を生かした「黒アヒージョ」をPRする千葉県の熊谷俊人知事=千葉市中央区の県庁で2022年11月24日午前10時38分、石川勝義撮影

 海の幸に山の幸、野菜や調味料など千葉は食材の宝庫だ。こうした幅広い県産食材をまとめてPRできる料理として、県の若手職員たちがスペイン料理のアヒージョに目をつけた。特産品のしょうゆを使った「黒アヒージョ」を考案。千葉の新しいご当地グルメに育てようとしている。

 千葉は全国1位の生産量を誇る農林水産物が多い。2020年の農業産出額や漁獲量で見ると、大根、さやいんげん、マッシュルーム、ナシ、三つ葉、春菊、キンメダイ、タチウオ、スズキ類、コノシロなどが並ぶ。

 「多彩な野菜や魚介類を一度に紹介できる方法はないか」。こう考えた県農林水産部の若手職員たちは21年6月以降、知恵を絞ってきた。

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1030文字)

あわせて読みたい

ニュース特集