駄菓子から「飛び出す」絵本 ココアシガレットドリンクに仕掛け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ココアシガレットドリンクのパッケージに描かれたQRコードを読み込むと絵本が読める=2022年10月20日、水津聡子撮影
ココアシガレットドリンクのパッケージに描かれたQRコードを読み込むと絵本が読める=2022年10月20日、水津聡子撮影

 絵本とドリンク、ご一緒に!――。子どもたちに読書に親しんでもらいたいと、関西のメーカーと大阪府教育庁がタッグを組み、デジタル絵本が読めるQRコードをパッケージに記載している。2021年度に続く第2弾で、今回はロングセラー駄菓子「ココアシガレット」の味わいを再現した「ココアシガレットドリンク」が対象。取り組みと商品のユニークさで、注目を集めている。

 府教育庁の事業に、メーカーが賛同して実現した。オリオン(大阪市淀川区)とクロレラ食品ハック(京都市下京区)がコラボした「ココアシガレットドリンク」に、出版ワークス(神戸市中央区)が絵本を提供。府の広報担当副知事のキャラクター「もずやん」の横に描かれたQRコードを、スマートフォンやタブレットで読み込むと「くまのボウボウ」と「わたしはだれ? Who am I?」の2冊にアクセスできる。いずれも温かみ…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文818文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集