介護防ぎ、老いに負けない 「こぶし1個分」プラスの歩き方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
花王が、企業や自治体向けに実施している「歩行基礎力測定」の様子。圧力センサー付きのマットの上を歩いてもらい、速度やテンポなどを分析する=東京都墨田区で2022年11月2日午後4時40分、山縣章子撮影
花王が、企業や自治体向けに実施している「歩行基礎力測定」の様子。圧力センサー付きのマットの上を歩いてもらい、速度やテンポなどを分析する=東京都墨田区で2022年11月2日午後4時40分、山縣章子撮影

 身近で簡単にできる健康法として中高年に定着しているウオーキング。最近の研究では、要介護の一歩手前のフレイル(加齢に伴い心身の機能が低下した状態)予防のため、歩き方やバランスが一層注目されている。老いに負けない、「こぶし1個分」長い歩き方とは?

「歩く速さ」が老いを…

この記事は有料記事です。

残り1725文字(全文1845文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集