南九州と北九州の「きよみず」小が交流 「給食おいしいそう」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オンラインで交流した南九州市立清水小と北九州市立清水小(モニター内)の児童ら=鹿児島県南九州市川辺町清水の市立清水小で2022年12月6日午後2時55分、梅山崇撮影
オンラインで交流した南九州市立清水小と北九州市立清水小(モニター内)の児童ら=鹿児島県南九州市川辺町清水の市立清水小で2022年12月6日午後2時55分、梅山崇撮影

 同じ「きよみず」の読み方である鹿児島県南九州市立清水小と北九州市立清水小が6日、オンラインで初めて交流した。南九州、北九州両市が「交流都市」同士であり、南九州の清水小が呼び掛けて実現した。

 学校名は共通でも児童数は大きく異なり、南九州側は一つの教室に全児童8人(複式学級含め3学級)がパソコンの前に集合。一方、全児童740人の北九州側は5年生140人(4クラス)が各学…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

ニュース特集