水産庁取り締まり船の立件見送り 19年の北朝鮮船と衝突・沈没

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
海上保安庁が入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影
海上保安庁が入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 日本海の好漁場・大和堆(やまとたい)周辺で2019年10月に水産庁の漁業取り締まり船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突、漁船が沈没した事故で、取り締まり船の船長らを業務上過失往来危険の疑いで捜査していた第9管区海上保安本部(新潟)が今年10月までに、正当な業務だったとして立件を見送ったことが6日、海保への取材で分かった。

 取り締まり船は当時、日本の排他的経済水域(EEZ)からの退去を求めて警告や放水をしていた。刑法は「法令または正当な業務による行為は罰しない」と規定している。海保は取り締まり船側に事情を聴き、船体や映像を調べた結果、違法性が否定されると判断。検察に事件送致せず捜査を終えた。業務上過失往来危険罪の公訴時効(3年)は既に成立している。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文595文字)

あわせて読みたい

ニュース特集