7万匹以上のヒアリ死骸発見 女王アリは20匹以上 広島・福山港

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
強毒を持つ南米原産のヒアリ=環境省提供
強毒を持つ南米原産のヒアリ=環境省提供

 広島県福山市の福山港で10月に国内最多の1万匹以上のヒアリが見つかった問題で、広島県は6日、計7個のコンテナの燻蒸(くんじょう)処理を終え、7万匹以上の死骸を発見したと発表した。コンテナヤードの調査では、11月27日に20匹を確認、駆除した。港周辺2キロの調査ではヒアリは見つからなかった。

 コンテナヤードでは、ヒアリが確認されな…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文362文字)

あわせて読みたい

ニュース特集