特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

誰よりも走った前田大然、献身のちゴール 隠れた信念 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-クロアチア】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ前田大然(左から2人目)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影
【日本-クロアチア】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ前田大然(左から2人目)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本は5日(日本時間6日未明)、決勝トーナメント1回戦で前回大会準優勝のクロアチアと対戦し、1―1で延長戦を終え、PK戦の末に敗れて8強進出はならなかった。

 夢に見たW杯のゴールは、心からは喜べなかった。ワントップで先発した前田大然はチームに今大会初の先制点をもたらしたが、8強入りの扉は重く、「次のステージに進めなくて本当に残念です」。日本の最前線で誰よりも走り回った功労者はうつむいた。

 前半43分の右CK。堂安律がショートコーナーを選択し、細かいパス交換から再び受けた堂安が、ゴールへ向かって鋭いクロスを入れた。遠いサイドで競り合った吉田麻也が右足で折り返すと、その球が前田に向かって転がってきた。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1058文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集