特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「これが実力」 またも8強目前で止まった快進撃 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-クロアチア】PK戦でクロアチアに敗れて肩を落とす(左から)南野拓実、吉田麻也、遠藤航ら日本の選手たち=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影
【日本-クロアチア】PK戦でクロアチアに敗れて肩を落とす(左から)南野拓実、吉田麻也、遠藤航ら日本の選手たち=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で前回大会準優勝のクロアチアと対戦し、1―1で延長戦を終え、PK戦の末に敗れて8強進出はならなかった。

 南野拓実は膝から崩れ落ち、地面に突っ伏した。三笘薫もタオルに顔をうずめる。120分の死闘を経て、決着はPK戦でついた。ドイツ、スペインという優勝経験国を破った日本の快進撃は、またも8強を目前に止まった。

 強豪ベルギーに善戦しながら敗れた前回2018年W杯ロシア大会に続く決勝トーナメント1回戦。日本サッカー界の歴史を塗り替えようとした選手たちは勇敢に戦った。

 ボールを握って試合を進めようとする前回準優勝のクロアチアに押し込まれる場面もあったが、果敢に前に出た。主将の吉田麻也が、冨安健洋が、伊東純也が、相手にボールが渡った瞬間に素早く寄せて奪いにかかる。欧州の実力国相手に一歩もひるまなかった。前へ出て、勝利をつかみ取る――。強い意志が戦いぶりににじみ出ていた。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1271文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集