特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

攻撃の切り札・三笘薫の涙と決意「代表を引っ張る存在に」 W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-クロアチア】後半、ドリブル突破する三笘薫(左)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影
【日本-クロアチア】後半、ドリブル突破する三笘薫(左)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会決勝トーナメント1回戦で5日(日本時間6日)、日本は前回準優勝のクロアチアに1―1で突入したPK戦の末に屈した。

 日本の攻撃の切り札として存在感を示してきた25歳の三笘薫は試合後、涙に暮れた。「全部が足りなかった」。強烈なインパクトを残しながらも大一番でゴールを奪えず、悔しさを残して戦いを終えた。

 クロアチア戦は1―1で迎えた後半19分から投入され、中盤左に入った。再三にわたり得意のドリブルで仕掛ける。最大の見せ場は延長前半の終了間際だった。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文761文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集