特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

エース・ネイマール復帰のブラジル、よみがえった「芯の通った攻撃」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ブラジル-韓国】前半、PKを成功させ、チームメートと喜ぶネイマール(右)=2022年12月5日、AP
【ブラジル-韓国】前半、PKを成功させ、チームメートと喜ぶネイマール(右)=2022年12月5日、AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦があり、ブラジルが韓国に4―1で勝利して、8大会連続の8強入りを果たした。

 芯が通ったように、ブラジルの攻撃がよみがえった。大会初戦で右足首を負傷したネイマールが、この試合で復帰。エース不在の2試合で計1得点と苦戦したのがうそのように、4得点で快勝した。背番号10は「もっと先に行ける。もちろんタイトルを目指している」とうなずいた。

 攻撃陣は最良の組み合わせで臨めるようになった。3トップの左右に俊足のビニシウスとラフィーニャ、中央に得点感覚に優れるリシャルリソンが入り、後ろにはネイマールと柔らかなタッチが魅力のパケタ。「キンテット・マジコ(魔法の5人組)」とも呼ばれる超攻撃的な編成だ。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文666文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集