特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

日本を阻む「あとわずかの差」 「強く、狙う」欠いていたPK戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-クロアチア】PK戦でクロアチアに敗れ、選手たちをねぎらう森保一監督(中央)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影
【日本-クロアチア】PK戦でクロアチアに敗れ、選手たちをねぎらう森保一監督(中央)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表は5日(日本時間6日)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われた決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗れ、初の8強入りはならなかった。1―1で突入した延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に敗れた。

 GK権田修一は、覚悟を決めたように左へ横っ跳びした。だが、クロアチアの4人目のキッカーが蹴ったボールは反対側のネットを揺らした。PK戦で敗退が決まった日本の選手たちは立ち尽くし、南野拓実はピッチに崩れ落ちた。

 日本はその場で立候補した選手たちがキッカーを務めた。1人目は南野。小刻みな助走から蹴ったボールはゴール右の甘いコースへ飛び、GKに難なくブロックされた。

 「勝たせたい」と手を挙げた2人目の三笘薫は左に蹴り、GKの右腕に阻まれる。3人目の浅野拓磨は決めたが、4人目の主将・吉田麻也も三笘とほぼ同じコースで止められた。吉田は両手を膝につき、がっくりと肩を落とした。

 「(PK戦は)最初から想定していた。堅い試合になると思っていたので、そこもあるな、と」と吉田。…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文787文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集