特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

8強の壁が示す小さくて大きな世界との差 サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-クロアチア】PK戦でクロアチアに敗れて肩を落とす(左から)南野拓実、吉田麻也、遠藤航ら日本の選手たち=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影
【日本-クロアチア】PK戦でクロアチアに敗れて肩を落とす(左から)南野拓実、吉田麻也、遠藤航ら日本の選手たち=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年12月5日、宮武祐希撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗れ、初の8強入りはならなかった。1―1で突入した延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に敗れた。

 日本の現在地がはっきりと見えた。強豪のドイツ、スペインを破って大きな可能性を示す一方、一発勝負の決勝トーナメントでは試合巧者のクロアチアに屈した。4度目の挑戦も「8強の壁」にはね返された現実は、小さいようで大きい世界との差を物語る。

 PK戦は運の要素が強い。だが、伊東純也の言葉が全てを表している。「勝ち切らないといけない。延長戦になる前に、PKになる前に決めたかった」

 クロアチアはしたたかだった。日本は先制したものの、長身選手を置いた前線にロングスローやクロスを徹底して放り込まれ、強みを生かすスタイルで追いつかれた。日本は躍進の原動力となった粘り強い守備や、出力を上げて一気にたたみかける攻撃を出し切れない。…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1275文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集